コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
大野城心のふるさと館 Onojo Cocoro-no-furusato-kan City Museum

トップページ > 特別展・企画展 > 特別展「歴史教科書でみる考古名品」

特別展「歴史教科書でみる考古名品」

更新日:2021年4月30日

注:心のふるさと館は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年5月12日(水曜日)から5月31日(月曜日)までの間、臨時休館とさせていただきます。それに伴い、本展示につきましても上記期間中は休止とさせていただきますのでご了承ください。

大野城心のふるさと館も、もうすぐ3周年。こどもたちをはじめとした多くの皆様に、ふるさとの歴史を楽しく、分かりやすく伝え、次代へ継承するためのさまざまな取り組みを行っています。

特別展「歴史教科書でみる考古名品」_バナー_800*350

この春、教科書の世界が目の前に! 

春の特別展「歴史教科書でみる考古名品」では、誰もが一度は歴史の教科書で目にしたことがある考古の名品が、教科書から飛び出して心のふるさと館にやってきます。

重要文化財も初展示!

重要文化財である「人形装飾付異形注口土器」(東京国立博物館蔵)や銅剣・把頭飾、ガラス管玉(佐賀県立博物館)を含む81件を展示!

この機会に、歴史が大好きな皆さんはもちろん、「歴史、ニガテだったんだよなあ…」という人も、「本物」との出会いを通じてその迫力に触れてみてください。きっと、新しい歴史の魅力や楽しさが発見できますよ!

 

  • 考古名品_土器01
  • 考古名品_銅鐸
  • 人形装飾付異形注口土器(東京国立博物館蔵)
  • 突線袈裟襷文銅鐸(九州国立博物館蔵)

 展示構成

  • 歴史教科書でみる考古名品展_画像素材03

1時限目:年表の見方を知ろう!

2時限目:縄文のむらから古墳のくにへ

  •  旧石器~縄文時代
  •  弥生時代
  •  古墳時代

3時限目:東アジアの動乱と天皇中心の国づくり

  •  律令制による国づくり
  •  貴族のくらし
  •  大陸文化 -命がけの航海

4時限目:変わる教科書 -歴史教科書の歴史

:新型コロナウイルス感染症等の影響により、展覧会の内容・関連イベントが変更・中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

日時

令和3年4月29日(祝日・木曜日)~令和3年6月20日(日曜日)午前9時~午後5時
:入場は午後4時30分まで

休館日

月曜日(祝日の場合翌平日)
注:ゴールデンウィーク期間中(5月3日~5月5日)は休まず営業

会場

大野城心のふるさと館3階 企画展示室

観覧料

一般300円(250円)、高校生以下無料
注:( )内は友の会会員および20人以上の団体料金
注:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合、本人およびその介護者1人は無料。

関連イベント

 

 

歴史教科書でみる考古名品展_画像素材02

関連リンク