コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
大野城心のふるさと館 Onojo Cocoro-no-furusato-kan City Museum

トップページ > イベント > 【12月17日】ここふるサイエンスカフェVol.1「未来の気候変動~きれいな大気をめざして~」

【12月17日】ここふるサイエンスカフェVol.1「未来の気候変動~きれいな大気をめざして~」

更新日:2021年11月29日

九州大学筑紫地区地域連携推進チーム×心のふるさと館 プレゼンツ「ここふるサイエンスカフェVol.1『未来の気候変動~きれいな大気をめざして~』」

サイエンスカフェVol.1画像

〈人間活動起源の硫黄酸化物をなくして二酸化炭素濃度が2倍になったときの気温変化の予測〉

★1.会場(心のふるさと館)の追加募集は定員に達しました。お申込みありがとうございました。
 2.オンラインにつきましては、引き続き募集しています。

九州大学筑紫キャンパス・筑紫地区地域連携推進チームと心のふるさと館による共同企画。科学の面白さ、奥深さ、生活との結びつきなどについて、どなたでも気軽に学べる講座です。
近ごろ、夏には毎年、猛暑や大雨が多くなりました。今回は、今の子どもたちが大人になる未来の気候はどうなるのかを解説します。また、今年のノーベル物理学賞を受賞した真鍋 淑郎先生が始めた研究の、発展研究をしている講師が、その受賞の意味を語ります。
未来の地球は一体どうなる!?今、私たちにできることは?中学生・高校生の皆さんもぜひご参加ください!!

注:新型コロナウイルスの影響により、中止・変更となる場合があります。

日時

令和3年12月17日(金曜日) 午後7時~午後8時30分

会場

  1. 心のふるさと館1階 ジョーホール(定員に達しました)
  2. オンライン(Zoom)

注:2.に参加する場合は、接続方法について後日メールにて連絡します。
注:新型コロナウイルス感染症等の影響により臨時休館となった場合は、2.オンラインのみ開催します。

参加費

無料

講師

竹村教授(サイエンスカフェ)

  • 竹村 俊彦教授(九州大学応用力学研究所)

竹村先生には、広報「大野城」令和3年4月15日号の特集記事「知っていますか PM2.5の今」で、PM2.5が及ぼす影響や気候変動との深い関係などについて掲載いただきました。そちらもぜひご覧ください。(広報「大野城」令和3年4月15日号はこちら

ファシリテーター

九州大学筑紫地区地域連携推進チーム

  • 金 政浩准教授(九州大学総合理工学研究院)
  • 稲田 幹准教授(九州大学中央分析センター)

定員

  1. 30名
  2. 70名

注:先着順(定員に達し次第申込終了)

申込方法

必要事項

参加者氏名・住所・電話番号・メールアドレス・会場の希望(どちらでも良い場合はその旨)

申込期限

令和3年12月12日(日曜日)

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。